Copyright (C) 2020 RICERCA SECURITY All Rights Reserved.

競争的資金等の不正防止対策基本方針

株式会社リチェルカセキュリティは、競争的資金等の運営・管理に関する基本方針を以下に定め、不正使用の防止に努めます。

責任体系の明確化

当社は、競争的資金等を適正に運営・管理するため、責任体制を以下の通り定めます。
最高管理責任者 代表取締役社長
総括管理責任者 主任研究員
コンプライアンス推進責任者 主任研究員(総括管理責任者とは異なる)

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

当社は、不正を誘発する要因を除去し、十分な抑止機能を備えた環境・体制の構築を図るため、以下の取組を行います。
  1. ルールの明確化・統一化
  2. 競争的資金等に関する事務処理手続きの統一的なルールを定め、競争的資金等の運営・管理に関わる構成員に周知・徹底を図ります。
  3. 職務権限の明確化
  4. 競争的資金等の運営・管理に関わる構成員の権限及び職務を明確に定めます。
  5. 関係者の意識向上
  6. 競争的資金等の運営・管理に関わる構成員に対して、コンプライアンス教育を行うと共に誓約書を徴収することにより、不正使用防止に関する意識向上を図ります。

不正防止計画の策定・実施

当社は、競争的資金等の不正使用を未然に防止するため、不正を発生させる要因を洗い出し、不正防止計画を策定します。
また、不正防止計画推進責任者を置き、策定された不正防止計画の適切な実施及び実施状況の把握に努めます。

研究費の適正な運営・管理活動

当社は、適正な予算執行を行うため、以下の取組を行います。
  1. 予算執行状況の把握
  2. 事務部門が定期的に予算の執行状況を検証し、研究計画に沿って予算執行が行われているか確認します。
  3. 物品の調達体制の構築
  4. 物品購入等の調達業務において不正を防止するため、一定金額以上の物件の調達においては、物件の発注及び納品時の検収を事務部門が実施します。
  5. 業者との癒着防止
  6. 取引業者に対して、不正な取引に関与した場合には、取引停止等の処分を行うことを周知します。また、一定以上の取引のある場合には、取引業者に対して不正に加担しない旨の誓約書の提出を求めます。

情報発信・共有化の推進

競争的資金等の使用に関するルール等について本法人内外からの相談を受け付けるため、窓口を以下に設置します。

株式会社リチェルカセキュリティ 競争的資金等の相談窓口

また、競争的資金等の不正使用に関する告発を受け付けるため、通報窓口を以下に設置します。

モニタリングの在り方

競争的資金等の適正な管理のため、発注・検収・支払等の実施状況および証憑書類は経理部で統括します。加えて、会計書類の形式的要件の具備や競争的資金等の執行状況及び管理体制等について、定期的な内部監査を行います。